外装工事(塗装工事・屋根工事)

塗装工事

美観だけではなく、住まいを雨風や直射日光から外壁・屋根を守るという大切な役割を担っている塗装。
塗膜の劣化をそのままにしておくと、ダメージが構造部分まで及んでしまうことも。
また、本来もっと長持ちするはずだった外壁を張り替えたり、大がかりな工事が必要になるケースもありえます。

そうならないためにも、外壁・屋根の劣化サインを見逃さず、適切なタイミングで塗り替えを行うようにしましょう。

 

塗り替え時期の目安

外壁の塗り替えの目安は10年前後と言われています。
しかし、実際は外壁材の種類や使われている塗料、周辺の環境によっても大きく変化します。
以下のような症状が起きている場合、塗り替え時期が来ているサインです。

□ ツヤがなくなっている 【危険度:★☆☆☆☆】
塗装してから数年経過すると発色が悪くなったり、ツヤがなくなったりしてきます。
この時点では建物事態にダメージは及びませんが、徐々に汚れなどが目立つようになるため、注意しておく必要があります。

□ 汚れが目立つ 【危険度:★★☆☆☆】
汚れや色あせが目立つようなら、外壁を保護する塗膜の劣化が進んでいるサイン。
早急に塗り替える必要はありませんが、これ以上の症状が出る前に塗り替えを検討しておくのが良いでしょう。

□ 壁を手で触ると白い粉がつく 【危険度:★★★☆☆】
壁に触れると、手に白い粉がつくことがあります。
これは“チョーキング”と呼ばれる現象で、紫外線によって分解された塗料が粉状になっている状態です。
ここまで症状が進むと、塗料は本来の外壁保護という性能を発揮できません。
後のコストパフォーマンスで考えると、この時期に塗り替えをすることがおすすめです。

□ ひび割れ・コケが繁殖している 【危険度:★★★★☆】
塗装面が劣化してくると表面が乾燥したり、湿気を吸い込んで膨張したりして、ひびができやすい状態となってしまいます。
目安で幅3mm以上のひび割れを見つけた場合は、既に建物内部へ水分が浸透している可能性が高いです。直ぐにメンテナンスが必要といえるでしょう。
長い間外壁が湿気にさらされると、コケやカビが発生する可能性があります。

□ 塗膜に剥がれがみられる 【危険度:★★★★★】
下地の劣化・密着不良によって起こる塗膜の剥がれは、早急に塗り替える必要があります。
既に外壁を守る機能性はほとんど無くなっており、直射日光や風雨によるダメージを直接受けてしまうため、このままにしておくと大変危険です。

 

屋根工事

紫外線や雨・風・雪など、私たちの家を様々なものから守ってくれる屋根。
それは年月と共にその表面が劣化していき、防水性も落ちてしまいます。
「変色している」「瓦にズレがあったり割れている」「藻やコケが発生している」「天井や柱に雨染みがある」
もし一つでも当てはまるものがあれば、今すぐ当社までご連絡ください。

◎葺き替え工事
葺き替え工事とは古い屋根を取り外し、新しい屋根に付け替える工事のこと。
屋根の下地部分など、普段手入れできない部分までしっかり補修できるため、築年数の長い家でも安心。
耐震対策として、この機会に重い瓦屋根から軽いスレート屋根に葺き替える方も増えています。

◎カバー工事
もともとあった屋根材の上から、新しい屋根材を被せるのがカバー工事。
解体作業がほぼ不要となるため、廃材もほとんどでません。
そのため、解体工事費と廃材処理費の分、お安く屋根のメンテナンスを行うことが可能です。
また、屋根が二重になるため断熱性・遮音性も向上する一方、屋根の重量が増すというデメリットもあります。

◎雨漏り・補修工事
天井にシミがあったり、壁紙が剥がれてきたら、雨漏りが起こっている可能性が高いです。
屋根材の割れや浮き、漆喰の劣化など、原因を正しく見極めることで、適切な補修工事を行います。
住まいの屋根に異常を発見したら、すぐに当社までご相談ください。

一覧ページに戻る